出会い系サイトを利用する上で、注意することのひとつにサクラの存在があります。
サクラは、サイト側の人間が会員に成りすまして一般の会員から料金をだまし取ったり、他のサイトへ誘導することを目的としています。

サクラがいるサイトを利用してしまうと出会いが見つからないだけでなく、金銭的なトラブルの被害に遭ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

ここでは、悪質な出会い系サイトに潜むサクラの手口と対策についてまとめています。

サクラとは…

サクラとは、露店などにおいて一般の客の購買意欲をそそるため、客のフリをして商品を褒めたり率先して買い物をする店側の人間のことをいいます。
サクラは当て字で「偽客」と書かれるくらいですから、まさに偽物の客といえば分かりやすいでしょう。
ほかにも、囮(おとり)やヤラセ、成りすましといった呼ばれ方もされます。

サクラの手口

サクラの手口は、サイトの料金システム(課金の方法)によって違いがあります。
たとえば、ポイント制の出会い系サイトでは、機能やサービスを利用する度にポイントを消費するといった課金のシステムを悪用して、故意にメールのやり取りを繰り返したり、有料のサービスを利用させるなどしてポイントを消費させます。

定額制のサイトは、利用期間に応じた会費を支払うことで期間内は使い放題というところが多いので、ポイント制のサイトほどサクラのリスクは高くはありませんが、それでも利用期限が近づいてくると突如として現れ、利用期限を延長させるように仕向けます。

無料の出会い系サイトは、そもそも料金が発生しないのでサクラのリスクは低いのですが、それでも提携している有料の出会い系サイトへ誘導するサクラもいないわけではないので油断はできません。

サクラの対策

サクラに騙されないようにするためには、まず第一にサクラのいない優良なサイトを利用することが求められます。
知名度が高くて会員数が多いサイトや運営実績が長くてリピーターの多いサイトなど、優良と呼ばれる条件を併せ持ったサイトを利用することを心がけましょう。

利用している最中にサクラらしき相手に遭遇したら、深入りせずに早々にやり取りをやめることも大切です。
場合によっては、サイトの利用を止めることも検討しましょう。
サクラらしき相手とは、しつこくメールの返信を要求してきたり、他のサイトの利用を促してくる相手のことです。

また、サクラ被害を未然に防ぐために、相手がサクラかどうかを見抜く力を身につけておくことも大切です。
たとえば、長くメールでやり取りしているけど一向に会おうとしない相手とか、他のサイトに誘ってくる相手はサクラの可能性が高いと言えます。
出会い系サイトなのに会おうとしない相手や、出会い系サイトを利用しているのに他のサイトを利用したがる相手はどう見ても不自然です。

また、少し前には芸能人やアイドルに成りすまして、一般の会員から高額な料金をだまし取るといった手口もありましたが、冷静に考えてみてください、芸能人やアイドルが出会い系サイトを利用すると思いますか?
あまりにも出来すぎた話や都合の良い展開は、一度冷静になって考えてみることも必要です。