日頃から異性と出会う機会がないという人や目的に合った理想のパートナーを見つけたいという人にとって、出会い系サイトは大変有用なサービスと言えるでしょう。
しかし、一方で出会い系サイトに起因するトラブルや事件は後を絶たず、必ずしも良い印象ばかりではないのも事実です。

出会い系サイトは、モラルやルールを守って利用することで安心・安全に出会いを探すことができますが、ルールを知らなかったり守らなかったりすると思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは、出会い系サイトを利用する人たちは知っておかなければいけないルールである「出会い系サイト規制法」についてまとまています。

出会い系サイト規制法とは…

出会い系サイト規制法には正式名称があります。
それは、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と言うものです。
この法律は、児童の健全な育成のために出会い系サイトの利用が原因で発生する児童買春やその他の犯罪から児童を保護することを目的としています。
(ここでの児童とは、18歳未満の少年少女のことを言います。)

出会い系サイト規制法は平成15年に制定されました。
その後、出会い系サイトの利用による犯罪が依然として多発したことから、平成20年に一部が改正され施行されています。

利用者に関する事項

出会い系サイト規制法で、利用者が守らなければいけない項目には次のようなものがあります。

  • 出会い系サイトの掲示板に児童との異性交際を求める書き込みをしてはいけません。
  • 掲示板に児童との性的関係を求める書き込みをした人や、児童を相手に金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は処罰されます。
  • 18歳未満の者は出会い系サイトを利用してはいけません。

運営者に関する事項

出会い系サイトを運営する者には、次のような義務があります。

  • 出会い系サイト事業の開始や廃止等に係る届出
  • 利用者が児童でないことの確認
  • 禁止された誘因行為に係る書き込みの削除

これらの義務を怠って運営されている出会い系サイトは、悪質なサイトである可能性が高いので、利用するサイトを選ぶうえでも確認しておきたい内容です。

知らなかったでは済まされない…

出会い系サイトを悪意を持って利用することはもってのほかですが、悪意はなくてもルールを知らずに法を犯してしまうとそれは罪になります。

知らなかったでは済まされない…出会い系サイトを利用する上でも責任と義務があることを忘れてはいけません。