ネット上には実に数多くの出会い系サイトが存在していますが、残念ながらそのすべてが出会いが見つかるサイトと言うわけではありません。
なかには、利用者から料金をだまし取るいわゆる詐欺を目的とした悪質なサイトも存在しているのです。

出会い系サイトの利便性を逆手にとった詐欺の手口は色々とありますが、なかでも悪質極まりないのが架空請求や不当請求と言われるものです。

ここでは、悪質な出会い系サイトによる架空請求や不当請求についてまとめています。

架空請求とは…

架空請求とは、実際には利用していないにもかかわらず利用したとして請求し、料金をだまし取る詐欺の手口です。
請求がエスカレートしてくると「延滞料が加算されます…」とか「法的措置をとります…」といった脅し文句で不安感をあおってきますが、身に覚えがなければ無視をしていても問題ありません。

不当請求とは…

不当請求とは、無料のサービスを利用しただけなのに料金を請求されたり、正規の料金ではなく法外な料金を請求されるといったものです。
架空請求との違いは、無料もしくは有料のサービスを実際に利用しているというところです。
出会い系サイトでの不当請求委の場合、サービスを利用したという後ろめたさや問題が大きくなることを恐れて支払いに応じてしまうケースも多いのです。

架空請求や不当請求の対処法

万が一、架空請求や不当請求に遭ってしまったら落ち着いて対処しましょう。
まず、架空請求に対しては無視しておくことが一番の対処法になります。
過剰に反応して電話で問い合わせたりすると、電話番号という個人情報が相手に渡ることになるので被害が拡大する恐れがあります。

また、不当請求の場合で実際に有料のサービスを利用している場合は、正規の料金との差異を確認する必要がありますが、一方的に法外な請求が繰り返される場合は国民生活センターや消費生活センターに相談しましょう。

大切なのは安易に支払いに応じないことです。
一度支払えばカモとなり繰り返し請求されることになります。